社会人からでも学ぶことができる保育士の専門学校

main-img

最近は共働き世帯が増加する傾向にあり、女性も働く家庭が当たり前のものとなってきています。

それに伴って都市部を中心に子供の預け先を確保するのが難しくなってきている現状があります。


こうした背景には受け入れる側の保育園が不足しているということもありますが、施設を整備してもそこで働く保育士を確保できないという問題も浮き彫りになっています。
そうした人材不足の事態を打破するために給与を引き上げたり、保育士の住居を格安で提供するなどの様々な工夫を凝らして働きやすい条件を整える保育園も増えてきています。
こういった流れを受けて保育の資格を取得する人も増加する傾向にあり、既存の専門学校だけでなく社会人向けに特化した専門学校も多くなっています。
社会人向けの専門学校は仕事帰りでも通えるように夜間コースなどが設けられており、仕事終わりからの数時間を学習に充てることができるので時間の無駄がありません。

保育士専門学校の初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

また、土曜日など仕事が休みの日に補習授業や自主学習を行うために学校を開放するところもあります。


これによって休日を利用して時間をかけて学習することができるため、安心して勉強に取り組むことが可能です。

YOMIURI ONLINE情報といえばこちらです。

保育士の資格は一度資格を取得すると、求人数は比較的多い部類に入るため選ぶのに苦労はしません。



さらに保育園などの施設だけでなく、病児保育など保育に関わる全ての施設や、事業所での勤務が可能になる点が保育士の資格を取得する最大のメリットであると言えます。

知っておきたい常識

subpage1

子供が生まれた後も働き続けたいという女性が増えているため、特に都心部では保育園の定員を超える入園希望者が殺到するという状況が続いています。またこうした都心部だけでなく、保育園に入れたいという希望を持つご両親が増えているため、どこの地域でも保育士は不足しているのが現状です。...

more

知っておきたい情報

subpage2

保育士になる方法はいくつかありますが、保育士の資格を取得するために保育士の資格の取得できる学校へ行く必要があります。保育課のある学校は4年制大学、短期大学、専門学校、通信課程があります。...

more

資格についての考察

subpage3

「子供が好き」を活かす職業といえば『保育士』です。保育士になるためには、厚生労働大臣が指定する養成施設を卒業する方法と、独学や通信教育で学び、国家試験を受験し合格する2つの方法があります。...

more

知りたい情報

subpage4

保育士養成の専門学校の魅力は、所定の単位を取得して卒業すると保育士の資格を取得できることです。働く女性が急増したこと、政府が一億人総活躍社会を目指す施策を推進していることなどを鑑みると、待機児童の問題は早急に解決しなければならない社会問題です。...

more