専門学校に通い保育士を目指す

「子供が好き」を活かす職業といえば『保育士』です。

保育士になるためには、厚生労働大臣が指定する養成施設を卒業する方法と、独学や通信教育で学び、国家試験を受験し合格する2つの方法があります。


保育士の養成施設とは、4年制大学・短大・専門学校のことです。

養成施設に入学するためには高卒以上の学歴が要件です。
専門学校や短大で学ぶ場合、4年制大学を卒業し資格を得るよりも短期間かつ費用も安くという大きなメリットがあります。


厚生労働大臣の指定校では、だいたい年間200万円ほどの学費がかかります。


反対に、4年制大学では費用も時間も倍かかりますが、じっくりと時間をかけて幅広い知識を学ぶことができます。

たとえば、アルバイトなどの仕事をしながら早期に資格取得を目指すなら、通学スタイルが選べる専門学校が適しているかもしれません。


また、保育士専門学校には2年制と3年制があります。

保育士専門学校について知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

主な違いは『幼稚園教諭』の資格がとれるかどうかです。

YOMIURI ONLINEの有益な情報を提供します。

3年制のコースではほとんどが幼稚園教諭の資格も取得できるようですが、2年制のコースでは取得できない学校もあるようです。
認定こども園が増えていますので、幼稚園教諭資格もあったほうが就職に断然有利です。



保育士は様々な方法で目指すことができ、自分の人生設計や経済状況に合わせて比較検討できます。

しかし、専門学校を選択する際は『卒業までにどのような資格を得ることができるのか』が大事です。

希望の学校を見つけたら、積極的にオープンキャンパスへ行ったり、資料請求をすると良いでしょう。